ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

僕のおすすめの日課

 最近、急に寒くなり始めて布団から出るのもおっくうになりますよね。

ましてや、通勤通学、買い物や子供の送り迎えなど、様々な理由で

外に出ないといけません。毎日同じことを1週間繰り返す、

気づけば土日もあっという間で、また月曜日からやり直し……

そう感じる人も多いと思います。そんな方におすすめしたい僕の

日課があります。それは

 

「いつもと違うルートを選ぶ」

 

たったこれだけですが、意外と効果があるんです。

 朝はどうしても時間がないので、最短ルートを全速力で進む人が多いと

思います。そんな人は、5分早く家を出ていつもとは違う道を選んでみて

ください。あっこんなところにお店があったんだ、新しい家が建つんだね、

紅葉がきれいな公園があったんだ、小さな発見がたくさんあると思います。

そして、その道にも慣れてきたらまた違う道にチャレンジしてみましょう。

いつも通りの道じゃないと何分かかるか分からない、そんな心配症の

人は、10分20分早く家を出ましょう。案外早く着いたなら朝の忙しい時間に

一息つける余裕ができます。

 毎日同じことを繰り返すと、選ぶストレスがなくなります

何かを選択することは、たとえパンにするか、ごはんにするかのような

小さなものであっても、とてもストレスになり得るのです。

成功者はいつも同じ服を着ている、というのも選択のストレスから

うまく逃れることで、仕事の能率が上がることを示唆しているのかも

しれません。しかし、ストレスがなさすぎるのも脳をダメにします

 子供のころは、誕生日ケーキというだけで、何倍もおいしく感じたと

思います。でも大人になると、普通においしいとしか感じないでしょう。

でも、大人でも普段食べられないような高級なケーキは、何倍も美味しく

感じると思います。素材の味が違うのもありますが、何よりも

いつもとは違う特別感、わくわくがケーキをおいしくしていると思います。

 毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる、毎朝のコーヒーは欠かせない、

靴は左足から履く、こういったルーティンは体や生活にリズム

調子を整えてくれます。でも、たまには30分早く起きてみる、コーヒーの

代わりにミルクティーを飲んでみる、靴を右足から履いてみる、

といった刺激があった方がいいと思います。変えてみて効果があれば

続けてみて、ダメだったら元々のルーティンが良かったことを再認識できます。

1回でいいので、ぜひいつもと違う道を選んでみてください。