ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

ジェンダーってなに?

 ジェンダーという言葉は知っていますか?

LGBTを語る上でとても大切な概念で、特にトランスジェンダーは

その名前の通りジェンダーが影響しています。

 ジェンダーとは、簡単に言うと「心の性別」のことです。

人は生まれた時に、染色体や体のつくりによって性別を与えられます。

これはセックスと呼ばれ、パスポートにも「sex」と書かれています。

セックスのことをここでは便宜上「体の性別」と呼びましょう。

 この与えられた体の性別とは別に、自分の性別はこうだ!という

心の性別があります。この性別が体の性別と一致しない人を、

トランスジェンダー」と呼び、反対に一致している人は

シスジェンダー」と呼びます。そして自分が心の中で思っている

性別のことを性自認(Gender Identity)と言います。

 僕を参考にして考えてみます。

僕の体の性別は「男」です。また性自認も「男」なので僕は

シスジェンダーということになります。また、僕はゲイなのですが、

そのことは性自認、ジェンダーにはまったく関係ありません。

 どの性別を好きになるのか、というのは性的指向(sexual orientation)

という別の表現を使います。そのためLGBTとひとくくりにされがちですが、

LGBが性的指向で表されるのに対して、Tだけが性自認で表すため、

すこし種類が違います。LGBTだから分かり合えることばかりでは

ないのは、「なにがマイノリティなのか」がずれているからかもしれません。

 例えば、僕はゲイでもありますが、ノンセクシャルでもあります。

ノンセクシャルを考える上では、性的指向ではなく恋愛的指向

用いないといけません。

恋愛的指向というのは「どの性別の人に恋をするのか」というもので、

恋愛感情とエッチしたい感情が混じっている性的指向では、僕の

セクシャリティを表現できないんです。

 でも、多くの人は恋する性別=エッチしたいと思う性別なので、

恋愛的指向という言葉はめったに耳にしないと思います。

セクシャリティの数だけ専門的な言葉が増えてしまうので、

あまり言葉の定義にとらわれないことが大切だと思います。

 最初の方でジェンダーは心の性別だ、と言いましたが正確には

間違いなんです。

 というのも、ジェンダーには「心の性別」という意味だけではなく、

自分がどの性別らしく振る舞いたいかという「性表現」、

自分がどの性別だと周りに思われたいかという「社会的な性別」、

男らしさ、女らしさを感じさせる考え、概念である「文化的な性別

という様々な意味合いを持っています。

 例えば、日本では、スカートは女子が履くというイメージがありますが、

イギリスにはキルトと呼ばれる男性が履くスカートがあります。

スカート=女子というのは、社会や文化の中で作り出されたジェンダーに

過ぎないんです。女の子はおしとやかにしなさい、男の子は泣いたらダメ、

のように、様々なところでジェンダーが存在しています。

 ジェンダーは日本語で性差と訳されるように、分けられた性別を指します。

体の性別というのは生まれつきというイメージがあると思いますが、

実際は生まれたばかりの頃に男子か女子かに分けられたものなんです。

 そのため、トランスジェンダーというのは、自分とは別の性別になりたいと思う

というよりは、本来の性別に戻りたいという方が正しいと思います。

(トランスジェンダーについてはあまり詳しくないので、

間違えていたらごめんなさい)

 

 トランスジェンダーは、「今の性別ではない性別になりたい人」と

まる覚えしないで、1人1人の個人差や、言葉に隠れてしまった本音を

聞いてあげるようになれるといいなと思います。