ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

制服に賛成?反対?

 学生時代、多くの人が身につけた「制服」。

毎日のお洋服を決めなくてもいい!すぐに自分と同じ学校の人を

見つけられて便利だ!という反面、着たい服が着られない、

強制されるのがいや、という意見もあって、賛否両論です。

中でも、トランスジェンダーの方が苦しいというのは有名な話で、

スカート、ネクタイ、リボン、学ランというのは性別を選んでしまいます。

 服装だけでなく、髪型、持ち物、仕草、振る舞い、言葉遣いなど

外から見て性別を判断できるようなものを「性表現」と言い、

ジェンダーの1つの要素だとされています。

(ジェンダーについては以下の記事で詳しく書いています。)

www.life-amayadori.com

 

 例えば、女の子なんだから足は閉じなさい、男ならばっさり髪を切れ、

というのは学生時代ならよく先生や親から言われてきたことだと思います。

学校では校則として、社会に出てからは暗黙のルールとして定められた

「性表現」ですが、それは社会人になるためのマナーであり、ある意味

しつけのようなものであると思います。

 第一印象はかなり大切で、中でも見た目というのは直接話さなくても

すぐにわかるため、第一印象に大きくつながります。

制服やスーツを着こなして、清潔感のある髪型、ヒゲをしたほうが

印象がいいのは事実だと思います。

 ただ、それを正しいからといって押し付けてはいけないと思います。

中にはスカートをはくことが苦痛に感じるひとがいるかもしれませんし、

宗教上の理由でネクタイをつけないひとや、髪やヒゲを剃ってはいけないひとも

います。大切なのは、柔軟に対応することと、気遣いができることだと思います。

 「僕はスカートを履いて登校したいです」「リボンではなくネクタイを

つけたいです」というのは、カミングアウトをすること以上に難しいこと

だと思います。学校側としては、申し出てくれれば対応すると思っていても、

対応の後のケアがなかったり、申し出る環境がなかったりするのです。

受け身ではなく、能動的に行動しなければ解決しないでしょう。

 ならばそもそも制服をなくせばいいと思うかもしれません。

ただ制服を導入した趣旨は、「制服を着ることで服を選ぶ時間、服を買うお金を

減らすことができ、学業に専念できる」というものです。

また、「服の違いで、貧富の差が見えにくくすることでいじめを防ぐ」という

見方もできそうです。

 小学校の頃、穴が開いた服にアップリケをつけてもらったが、友達に

バカにされたことはありませんか?服をあまり持っていない人が、

いつもその服ばっかり着ている、といじめられるところを

見たことはありませんか?性表現と同じように、服装はその人の

ステータスとなり得るのです。

 そもそも学校給食も、貧しい子供にもご飯を食べてほしい

という思いから始まったものです。いつしか給食費を払わないのはおかしい、

という本末転倒なことになってしまったようですが……。

 制服も、服に悩まなくていいようにするためのものであったのに、いつしか

服に悩みを持つ人が増えるようになってしまいました。

 「平等」と「自由」は相反するものなのです。だからこそ、どうすれば

良くなるのかを模索し続けなければいけないと思います。

制服に反対の人が多いから制服は廃止、というその場しのぎの判断は、

制服がないと困るという賛成の意見を増やすことになり、同じ事を

繰り返してしまいます。

 法律やルールを定めた目的を忘れたまま、「ルールだから従いましょう」

というのは、あまりにも杜撰であると思います。

法律やルールはあくまで一般原則であって、絶対のものではないのです。

 例えば、「水泳の自由形はクロールがいい」と言われますが、平泳ぎで

自由形に参加する権利はあります。たとえ平泳ぎが自分1人であっても、

認められますし、絶対にクロールでないといけないという決まりでは

ありません。

 大切なのは、いかに選択肢を残したままルールを作るのかだと思います。

スカートが嫌だと思っていない女子でも、ズボンの方が楽そうだと

思う人はいるでしょう。それこそ、毎日スカートでは飽きるから

たまにはズボンで過ごすのもいいと思います。男子も、学ランがいい人も

いれば、ブレザーがいい人もいます。ネクタイを自由にするだけでも、

かなり個性が出せるようになります。

 基本の枠の中で、どれだけ個性を出せるのか?これは今求められている

クリエイティブな発想や、多様性のあるダイバーシティな社会に

つながると思います。

賛成?反対?のどちらかではない第3の選択肢を探してみると世界が

変わっていくと思いますよ。