ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

ケモナーと性的嗜好

 ケモナーとは、いわゆる獣人やケモノのキャラが好きな人たちのことです。

この「獣人」にも色んな定義があって、猫耳はケモノに入らないとか、

ヒト型をしているやつをケモノと呼ぶとか、4足歩行のケモノはまた別に分けられる

とかいろいろあるのですが、基本的には「どうぶつの森」やディズニーの

「ズートピア」のキャラみたいなものが好きと思っていただくと分かりやすいと

思います。

 実は僕もそのケモナーでして、小さい頃からどうぶつの森にドハマりしていました。

(ちなみに好きなどう森キャラはたいへいたとアポロです!

あっ今思えば小さい頃から男子ばっか追いかけてる……)

ただ、ケモノが好きといってもその「好き」はまちまちだと思います。

単純にケモノキャラがかわいい、カッコイイと感じるだけの人もいれば、

本気で恋をしたり、エッチをしたいと思ったりする人もいます。

 実際に、ケモノキャラのイラストはあり得ないほどのエッチに溢れています。

「人」という枠から離れている分、かなり欲望が忠実に出るのでしょうか?

でも、ケモナーであることは別に異常でもなんでもなく、「性的嗜好」の1つだと

思います。

 性的嗜好は、よく「性的指向」と読み方のせいで間違えられるのですが、

中身は全く違うものです。

 性的指向は「sexual orientation」と呼ばれ、好きになる相手の性別のことです。

ゲイであれば男性、レズビアンなら女性、バイセクシャルなら両性が性的指向です。

 一方、性的嗜好は「sexual preference」と呼ばれ、好きになる相手の性別は

関係ありません。脚フェチ、SM、裸エプロンといった性癖やフェチのことで、

人の数だけ存在すると言われるほどたくさんあります。

 性的指向は生まれつきの先天的なもの(自覚せずに眠っている場合もある)であり、

自分で変えられるようなものではありません。

(英英辞典で調べると「fact」(事実)という言葉が出てきます)

 対して性的嗜好は後天的なもので、幼少期に触れた性的なもの、

自身が体験したことなどから影響を受けて作られるものだと言われています。

(R18とは、変な性的嗜好を植え付けないようにするためだと思われます)

僕がケモナーであるということは、僕がゲイであることやノンセクシャルである

こととは関係ないと思います。

 ただ、逆に僕がゲイであることやノンセクシャルであることが、ケモナーである

ことに影響を与えていて、人間の男性だと必要以上に感情移入をしてしまうことや、

人間の性行為やエッチな画像などに対して多少なりとも抵抗があること、

ケモノキャラは現実にいないと分かっていて、BLやAVよりもより

ファンタジーとして安心できることが影響していると思います。

(この辺については、以下の記事でも触れています)

www.life-amayadori.com

 実際、人間だけでなくケモノキャラにまで欲情するからケモナーは

性欲が強いという声や、2次元のキャラに恋して、しかも人じゃなくて

ケモノに恋するなんて変態だ、のような声を聞くことがあります。

でも、みんながみんなそういうわけではありません。

 実際、ケモノキャラが好きだからといって現実の動物が好きだというわけ

ではないんです。現実の動物に欲情する人は「ズーフィリア」と言われて、

別の性的嗜好の一つです。

 そもそも、人間なんてみんな変態だと思います。自分の性癖を声高らかに

言える人は少ないでしょうし、おそらくみんな変態じみている内容だと思います。

 また、2次元と3次元での好みというのは全く別物だと思います。

2次元でしか存在しないからこそケモノキャラは魅力的に見えると思いますし、

3次元の人を愛せないわけではないんです。

 つい愛する人はただ1人であるべき、と考えてしまいがちですが、3次元であっても

恋人と同じぐらいファンとして好きな人がいることはおかしいことではないと

思います。つまり「愛」の種類が違うだけだと思います。

 実際、僕がケモノキャラに抱く感情は、会えないと分かっていながらも

かわいい、かっこいいと感じるファンに近い感情だと思います。

 今回僕がケモナーであることを明かすのかは少し迷いましたが、

より多くの人に存在を知ってもらおうと思い記事にしました。

同じゲイであってもこういう人がいるんだ、ノンケの人がゲイの人に

カミングアウトされるのってこんな感じなんだ、と思っていただければ嬉しいです。

 この記事を読んで、疑問に思ったことやなにか感じたことがあれば

是非コメントください!