ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

日永さんの「あいつとシェアハウス」

 皆さんは小説は読みますか?僕は大好きで、カバンに一冊は必ず入れています。

最近は、pixivや小説家になろう、カクヨムなどで投稿されたものも多いですね。

実は僕も小説を書いていて、出来上がったら投稿しようかなと思っています。

(話のネタだけあふれていて、全然文章化できていないんですけどね)

今回は僕が小説を書くきっかけになった作品を紹介したいと思います。

(作品紹介を快く了承してくださった日永さんありがとうございます!

また、アイキャッチ画像は日永さんのpixivより借用させていただきました)

www.pixiv.net

 「あいつとシェアハウス」は、日永さんがpixivで連載中の小説です。

主人公である明石善人が、大学進学をきっかけに片思いをしている

幼馴染、赤木大智とシェアハウスをすることになるというBLです。

この小説の特徴は、登場人物がみんなケモノ、つまり獣人であるということです。

(獣人キャラ、ケモナーについてはこちらの記事にも書いています)

www.life-amayadori.com

 作者である日永さんも言及されていましたが、このケモノ界隈は

とにかくエッチにあふれているんです。pixivや検索エンジンなどで

オスケモ(オスのケモノのことですね)と打っていただけると、

現状がわかるかと思います。(苦手な方は注意してください!)

 そんな中、日永さんの「あいつとシェアハウス」は、R18指定されておらず、

そういったイラストも2次創作もないんです。僕自身、BLにエッチなシーンが

あるのがあんまり好きじゃないので、とてもこの作品に惹かれました。

(なのでケモノが苦手かも……という人でもたぶん大丈夫ですよ)

 初めは、ゲイの友達に勧められて読んでみたのですが、気づけば

全部一気読みしていましたね。(徹夜して読んでいたのを覚えています)

その当時、ノンケに恋をしている真っ最中だったこともあって、

とにかく内容が刺さりまくっていました。(大学入ったばかりだったのでなおさら)

 実はこの作品は2016年の5月15日から連載が続いているそうで、

その連載がなんともうすぐ終了するそうです。物語が完結するんですね。

僕は1年間ぐらい連載が更新されるたびに読み返してきただけに、

感慨深いです。

 士八さんが、プロローグを漫画化したものしたものもあります。

見るだけでワクワクする冒頭ですね。(あと大智かわいい♡)

 実はこのお話、かなりの分量(プロローグも含めると現在49話まであります!)

あるので、読書好きな方にも読みごたえがあります。

普段本を読まない方でも、とても読みやすく書かれているので、

小説デビューでも大丈夫ですよ。(あっという間に読んでしまいます)

少しでも興味が出た方は、ぜひこの機会に読んでみてください。

www.pixiv.net

以下の折りたたみには、作品のネタバレを少しだけ含みます。

ただ、どうしても書きたかった内容なので折りたたみにしました。

ネタバレが嫌な方は、原作を読んでから見ることをオススメします

実はこの作品は、僕がノンセクシャルであると気づいたきっかけになった作品でもあるんです。作中に出てくるとある人物の気持ちにとても共感したことがきっかけです。この作品には、色んなセクシャリティや性のあり方が出てきます。それを、登場人物という具体例と共に、詳しく描写されていて、とても考えさせられます。もっと早くこの作品に出会いたかったと思うとともに、出会えたことにとても感謝しています。