ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

ノンセクシャルがセックスレスについて考える

 「セックスレス」それは多くのカップル、夫婦が頭を悩ませている問題だそうです。

ノンセクシャルの僕にとっては、何が問題なのかあんまりピンとこないのですが、

だからこそ、何が問題なのかを考えてみたいと思います。

 まず、セックスレスの定義ですが日本性科学会(こんな団体もあるんですね)によれば、

「病気など特別な事情がないのに、1ヶ月以上性交渉がないカップル」

をセックスレスと言うそうです。

 

……えっ世の中のカップルってそんなに

セックスしているんですか?

 

 正直、驚きました。僕のイメージだともう何年もセックスしていないのよ、

みたいなものだと思っていたので、まさか1ヶ月でセックスレスと呼ぶとは

思っても見ませんでした。まあ実際のカップルの性事情なんて確かめようがないので、

とりあえずこの事実を受け入れましょう。

 さて、僕なりにセックスレスの何が問題なのかを考えたのですが、

1つ目として「嫌われた」と思われるところです。僕のようなノンセクシャルや

アセクシャルのような人たちでないカップルならば、セックスをするのは当たり前

(?)というか変なことではないでしょう。でも、前はしてくれていたのに最近は

してくれないとなると、「もしかして嫌われてしまった?まさか浮気とかしてない

よね?」と疑ってしまうのは自然なことだと思います。

 僕も一応男性なので、溜まったものは定期的に出すという感覚や感情は分かります。

だからこそ、恋人以外で処理をしているというのは、相手にとって不安になりますし、

悲しく感じるという気持ちはなんとなく分かります。

 2つ目として「エロース」から「ストルゲー」に移ったからだと思います。

以下の記事に詳しく書いていますが、エロースは性愛、ストルゲーは家族愛のことで

同じ「愛」でも種類が違います。

www.life-amayadori.com

 共に生活をする過程や、子供が産まれたことをきっかけとして、

「恋人ではなく、家族として見るようになった」というのは大きな変化だと思います。

 ただ、恋人という関係が発展して家族になるのか、恋人と家族は別物と思うかは

人それぞれだと思います。

 一方は家族になったと思っていたが、もう一方は恋人のままだと思っている。

こうしたずれからセックスレスにつながるのかなと思いました。

 3つ目は、セックスに対する熱意の差だと思います。仕事や家事で疲れ切っていて、

それどころではない、子供を作ることしか考えていない、そんなに頻繫にやりたいとは

思っていない、色んなことが考えられます。

 いくら恋人や夫婦であっても、セックスをしようと誘うのはそれなりに勇気が

いることだと思います。そのため、もしかしたら過去に一度断られたことで

もう一度断られるのが嫌という気持ちもあるかもしれません。

 なんにしろ、2人の中でセックスに対するイメージ、理想、向き合い方が

ずれていることがセックスレスの原因になると思います。

 色々考えて思ったことは、やっぱりお互いの考えや気持ちのずれが原因だと

思います。ただ、セックスという話題を出すのは、なかなかはばかられますし、

何より体目当てだと思われたくない、好きな人にセックスを強要したくない、

みたいな保身も入ってしまいがちです。

 ただ、日本は「性」というものをあまりにも忌避し過ぎていると思います。

小さいことからエッチなものは見てはいけないと言われて、保健の授業では

思春期の男子が騒いでいるだけで、あまり「性」について考える機会がないように

思えます。セクシャルマイノリティはもちろん、男女の性のあり方すら

まともに授業で扱わないのだから、「性」に悩まされるのもしょうがないのかなと

思います。

 確かに「性」はその人の根幹に関わる、センシティブな部分です。

だからといって、表面上のことだけを教えて、深い部分は触れないであげるというのは

優しさではなく、ただ面倒くさがっているだけではないでしょうか?

 本来は一人一人に向き合ってあげて、それぞれに正しい知識、助言を授けてあげる

べきだと思います。誰一人として、まったく同じ性のあり方というものはありません。

学校で教えられるのは、こうあることが理想だよね、とかこういう人が多いよ、

というだけです。

 本来セックスはいやらしいものでも何でもないと思います。でも、真実を

ぼかし続け、しかも子供から遠ざけてしまえば、セックスっていけないものだ、と

勘違いしても仕方ありません。

ただ、だからといって人前でセックスの話をしてもいいかと言われると、

これは別の問題なのかと思います。

 「性」の話をすることはいけないことだ、というのはどうも「道徳」と

結びついているような気がします。確かに人前でみだらに性の話をするのは、

みっともない、失礼だ、というのも分からなくはありません。

 でも、それをあらゆる場で適応するのは違うと思いますし、必要な知識まで

「性的なこと」と含めてしまうのはよくないかなと思います。

 セックスについて話し合うことが恥ずかしいことだ、という環境がなくなれば

いいなとは思っていますが、やっぱり僕も「ノンセクシャル」を説明するときに

「他人とセックスをしたいと思わない人」とずばっとは言えません。

今までの記事も、セックスのことを「エッチなこと」「ヤりたいと思う」みたいに

ぼかしがちでした。

 ただ、他人にこうして欲しいという前に、自分から行動すべきだと思うので、

今回は記事にセックスという言葉をぼかさず使いました。

少しずつ「性」のイメージを変えていけるように、これからは言葉をもっと

慎重に選んでいきたいと思いました。