ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

カフェのコーヒーはなぜ高いのか?

 僕はカフェが大好きなのですが「カフェのコーヒーって高い!」と思う人も多い

ですよね?一杯300~500円ぐらいしますし、なんだったらファミレスなら200円

ぐらいでドリンクバーがついて飲み放題だし……と思うこともたまにあります。

 でも僕は、特段高いとは感じません。というのもそこが「カフェ」だからですね。

カフェとはレストランとは違って、「ご飯を食べる場所」というよりは

くつろぐ場所」という面が大きいと思います。別におしゃべりをするだけなら、

公園のベンチでも、ショッピングモールのフードコートでも、誰かの家に遊びに

行ってもいいはずです。でも、外でおしゃべりするのは寒かったり、暑かったり、

風が強かったりしますよね?またショッピングモールは騒がしくてゆっくり

しにくいし、人のお家でするには部屋の片付けや、ご飯の準備、手土産いるかな、

といった面倒が付きまといます。

 その点カフェというのは、おしゃべりをしたり、パソコンなどの作業をしたりする

環境があって、さらにコーヒーやご飯を頼めるという素敵な場所だと思います。

 またレストランと違って、カフェでは比較的長時間いることが多いです。

もちろんご飯を食べたくてカフェに来る人もいますが、そういった人はご飯を食べたら

早めに席を外しますよね?その一方で長時間カフェにいる人は、食べ物に加えて

飲み物も頼む人が多いと思います。つまり、コーヒーのお代の中には

「長時間そこにいてもいいですよ」という場所代が含まれているのではない

でしょうか?カフェの料理が比較的安めなのは、お客の回転がいいからだと考えると、

納得できるのではないでしょうか?居酒屋のお酒が高めなのも同じ理由だと思います。

 また、レストランではなく「カフェ」を開いているのは、やはりコーヒーや紅茶に

こだわりがあるからだと思います。

 ケーキ屋さんにはケーキだけでなく、シュークリームやプリンなんかも

売っていますよね?でも「お菓子屋さん」ではなく「ケーキ屋さん」と名前を

掲げるのは、ケーキがオススメだ、ケーキに力を入れています、と言うためだと

思います。カフェも同じで、コーヒーや紅茶にこだわっているからこそ、レストラン

ではないのだと思います。コーヒーの味や香りにこだわった結果、多少高くなって

しまうのは自然なことではないでしょうか?

 また、「高いもの=美味しい」という思い込みがあるのも原因だと思います。

高いものは、素材の良さもありますがそれ以外にも、なかなか食べることの

できない「特別感」と、高いのに食べてしまったという「背徳感」が、

より美味しくしていると思います。

(夜中のラーメンやポテチが美味しいのは背徳感のパワーでしょう)

 ただ、「高いもの=美味しい」というのは、美味しさに値段が釣り合うべきだと

言っているようなものです。つまり、カフェのコーヒーは美味しいはずだ、という

期待があって、飲んでみると想像とちがっていたとき、もしくは期待していたよりも

量が少なかったときに「この値段でこの味、量は釣り合わない」と感じてしまう

のかもしれません。

 値段で物の価値を判断しがちな人ほど、カフェのコーヒーは高く感じるでしょう。

逆に、カフェの雰囲気が好き、お店で飲むコーヒーの特別感、豆から挽いてもらえる

贅沢さ、なんかを味わいたい人にとっては、値段以上の満足感があると思います。

カフェ=コーヒーを飲む場所、だけではないのです。

 反対に、安いものであっても特別感、背徳感といったものがあれば十分美味しい

はずです。空腹は最大のスパイスと言いますが、まさしくその通りだと思います。

 カフェのコーヒーが高いという話をしましたが、それでもなおカフェを

利用する人は多いです。スターバックスやサンマルクカフェ、ドトールといった

チェーン店ですら、カフェは人気があると思います。

 最近はネットやSNSが普及したこともあって、おしゃべりや交流の場が

ネット上に移ってしまいました。現実世界でゆっくりおしゃべりをしたり、

くつろげる場所が少なくなってきたんですね。その点で、カフェというのは

憩いの場を提供してくれている貴重な場所だと思います。

 中には携帯の充電もさせてもらえるスペースがあったり、インスタ映えするような

おしゃれな内装だったりします。カフェはある意味、需要を知り尽くした時代の

最先端の場所なのかもしれません。皆さんもお気に入りのカフェを見つけて

みてください。僕なんか500円で、カフェで本を読むというこの世で一番の贅沢

ができるんですから。この500円は高く感じますか?そうでもないですか?