ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

「4度進行」と「ツーファイブ」

 先日、スピッツの「桃」について解説しました。

www.life-amayadori.com

 歌詞の部分はともかくコード進行の部分が「なんじゃこりゃ」と思う人が多かったと

思います。そこで、補足という意味も兼ねてもうちょっと詳しく説明したいと

思います。

 ただ、基礎的な楽典の知識に関しては、調べればたくさん出てくると思うので、

「調べても出てこないこと」「調べても分かりにくいこと」を中心に解説したいと

思います。目安としてはⅠ→Ⅳ→Ⅴというカデンツ、平行調や同主調、

コードネームの読み方や度数表記あたりがなんとなく分かっていれば十分だと

思います。分からなくてもある程度は説明を加えているので安心してください!

(ギターやキーボードをしたことがある人や、吹奏楽経験者ならわかるかな?)

 まずは「4度進行」について説明しましょう。先日の解説でもたびたび

「4度進行は推進力がある」と言っていましたが、これは4度進行に

ドミナントモーション」があるからですね。ドミナントモーションとは、

大まかに言えば「Ⅴ7→Ⅰ」に解決しようとする動きのことで、いわゆるお辞儀の

和音ですね。(後で詳しく解説しますが、まずはⅤ→Ⅰという認識でいいと思います)

このⅤ→Ⅰに進みたくなるのは、Ⅴの中にある不協和音が半音で動いて解決する

という「導音」となるからです。(導音とは次の音に進みたくなるような音です)

 例をあげて説明しましょう。Ⅴ7→Ⅰというのは、具体的にはG7→Cみたいな

やつですね。このG7という音は、「G、B、D、F」を構成音として持っています。

この3rdと7thの音である「BとF」というのが、増4度と呼ばれる不協和音です。

 この音はトライトーン、別名:悪魔の和音と呼ばれるほど強烈な和音で、

「平行4度を多用してはいけない」という作曲のタブーを作り出した元凶でも

あるんです。(平行4度は、4度離れた2つ以上の音を平行に動かすことです。

平行4度をしてしまうと、半音の鍵盤があるせいで増4度が発生してしまいます。

ちなみに、増4度を避けて平行4度を使うとオリエントな響きになります)

 この不協和音が「B→C」「F→E」とそれぞれ半音で動いて解決することで、

トニックの終止感が出るんですね。逆に言えば、Ⅴ7のままとどまるのは

気持ち悪い、うずうずするような感覚になるわけです。

 ちなみに、ドミナントモーションという名前ですが、この増4度さえ含まれていれば

ドミナントモーションと呼びます。例えば、G7に含まれる「FとB」は、

ディミニッシュ(短3度で音を4つ重ねたもの)やD♭7にも含まれています。

 特にD♭はGと増4度関係にあり、5度圏と呼ばれる表では、正反対の位置にある

音です。(5度圏は調号が付く順番が書いてある下のわっかみたいなやつです)

f:id:ama_yadori:20200119145039p:plain

(借用:https://www.terrax.site/entry/2019/01/06/五度圏のフリー画像を

作ったよ%EF%BC%81%EF%BD%9Eオマケで五度圏 文字は僕が加えました)

 

ただ、和音の中に、同じ増4度を含んでいるため、G7の代わりにD♭7を

Cのドミナントとして借用することができるんですね。(このように代わりとして

代用できる和音を借用和音、代理コードとも言いますね)G7に対するD♭7のような

コードを裏コード、別名:サブスティトゥードドミナントと呼び、Cのドミナントでは

ありませんが、同じくドミナントモーションを含む和音です。

(しかもD♭→Cの導音が加わるので、さらに強力な進行になります)

 基本的にはⅤ→Ⅰのドミナントモーションが多いです。ただ、たまにⅤ→Ⅰでは

ないドミナントモーションも出てくるので、単純に「ドミナントモーション=Ⅴ→Ⅰ」

と覚えるのではなく、「増4度の解決=ドミナントモーション」と覚えておくと

いいと思います。

 話が少しそれましたが、以上の理由でⅤ7→Ⅰというのは、推進力があるわけです。

そしてこのⅤ7→Ⅰのルートの音に着目すると、4度上がっているのが分かります。

(G→CはG、A、B、Cと完全4度で上がっていますね)

 これは5度を転回(オクターブ上げるもしくは下げる)させると4度になる

(C→Gは5度、G→Cは4度)ためであり、Ⅴから見ると、4度上の音がⅠになります。

そのため、Ⅴ7→Ⅰの動きを「4度進行」と言うのです。

(ちなみに、ずっと4度進行を繰り返すとドラクエっぽくなりますよ)

 続いてこの4度進行を活用した「ツーファイブ」について説明します。

ツーファイブとは、名前の通りⅡ→Ⅴという和音の進行を挟む技法のことです。

なぜⅡなのかというと、Ⅱの音はⅤの音のドミナントになるからなんですね。

 具体例を出すと、ⅠがCの時、ⅡはDm、ⅤはGですね。

ここでⅤであるGをⅠとして見てみると、ⅠがGの時、ⅤがDになりますね。

つまり、Ⅱ→Ⅴというのは、実質Ⅴ→Ⅰと同じなんですね。

しかもDmではなくDになるので、ノンダイヤトニックコード(臨時記号がつくやつ)

となり、普通のⅤ→Ⅰよりテンションを高めることができます。

 さらにⅡの音はサブドミナントであるⅣの音の平行調

(調号の数が同じ同士の長調と短調の関係を平行調)でもあります。

具体的には、ⅠがCの時、ⅡはDm、ⅣはFですね。Fの平行調はDm

(Fは♭1つ、Dmも♭1つです。一つ一つ覚えるのが面倒なひとは、

長調なら短3度下、短調なら短3度上が平行調と覚えましょう)なので、

Ⅱの音はⅣの代わりに使うことも出来るんです。となると、Ⅱ→Ⅴというのは、

実質Ⅳ→Ⅴでもあります。

 ツーファイブというのは、「Ⅴ→Ⅰ」と「Ⅳ→Ⅴ」を兼ね備えた強力な

進行なんです。しかも、Ⅴの前にⅡを置いて、「D7→G7→C」とすることも、

Ⅳ→Ⅴを分解して、「Dm→D7→G7」という半音進行を作り出すこともできます。

さらにツーファイブのツーファイブを使って「A7→D7→G7→C」、さらに分解して

「E7→A7→D7→G7→C」としたり、「Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ」という基本系を変形させて

「C→F△7→E7→Am→Ⅾm→Ⅾ7→G7→C」

みたいに、コード進行を自在に組み替える時にも使うことができます。

 ちなみに、Ⅱの音はドミナントのドミナントであるので、

ドッペルドミナント(ドッペルは2倍という意味)と呼ぶことがあります。 

言葉がややこしいですが、原理をしっかり覚えることが大切だと思います。

(かっこいいのでつい使いたくなっちゃいますよね)

 今回紹介した4度進行とツーファイブは、いわゆる「Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ」のカデンツの

応用になります。加えて、平行調を代理コードとして差し替える

(CとAm、FとDm、GとEm)という技法も合わせれば、難しい進行を覚えなくても

理論立てて曲を作ることができるようになります。

 実際「カノン進行」「循環コード」といった有名なコード進行だったら、

今回の原理(ドミナントモーションやツーファイブなど)を覚えておけば

簡単に作ることができるようになります。

 言わば数学の公式の作り方みたいなものです。公式だけ覚えても、忘れやすいし

どういう仕組みなのかが分かりません。原理から覚えることをおすすめします!