ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

僕のバレンタインデー

 2月14日はバレンタインデー!町中がピンク色になって、チョコレートを

売り出していますね。手作りチョコを渡そうとドキドキする人、好きな人から

チョコをもらえるかドキドキする人、友達同士や自分用に贅沢なチョコを

買っちゃう人、バレンタインデーの過ごし方は人それぞれだと思いますが、

僕はバレンタインデーが苦手ですね。

 というのも、以下の記事に少し書いていますが、吹奏楽部の女子からお返し

目当てのチョコを押し付けられるからですね。しかも、チョコレートの塊は

喉に残る感じがして苦手なんです。義理とはいえ食べないのも申し訳ないので、

ヒイヒイ言いながら食べていたのを思い出しますね……

www.life-amayadori.com

 あとはノンケさんに恋をしていた時に、すでにゲイだとカミングアウトを

していたのに「チョコ欲しいな」というラインがきて、勇気をふり絞ってトッポと

ポッキーをあげたら、翌日部活の先輩と一緒に目の前でボリボリ食べられたという

カカオ100%かというぐらい苦い思い出もあります。(今思えばただお菓子を

せびられていただけなのに、勝手に舞い上がっていたんですね。恥ずかしい……)

 それはさておき、バレンタインデーはまさにジェンダーの塊みたいなイベントだと

思います。「女子が男子にチョコを渡す」という、お菓子メーカの策略(?)によって

義理チョコという、良く分からない物が取引されています。

「本命チョコだけ渡すと好きだとばれてしまうから、他の人にも義理で渡そう」という

日本人の心理を突いた策略ですね。

 ただ、もらう側の男子たちは、バレンタイン=女子からチョコをもらう、

チョコをもらう=自分に気がある、という勘違いも起こりがちで、なぜか

チョコをたくさんもらう=モテるという意識があるようです。

 礼儀や習慣として、会社の上司や部活の人にまでチョコをあげないといけない

という嘆きも時々耳にします。チョコの値段や、あげるお菓子の種類によって、

人と比べられたり、文句を言われたりすることもあるようで、バレンタインが

苦手という人も多いのではないでしょうか?

 ただ海外では、バレンタインデーに男子から贈り物をすることもあったり、

チョコじゃなくとも花束、カード、クッキーなど何でもOKで、

日頃の感謝を伝えるための贈り物をするのが一般的だそうです。

日本のように告白の大イベントではないため、義理チョコのような

形だけの気持ちがない贈り物はしないようですね。

 僕は、日頃の感謝を込めてバレンタインデーに贈り物をするという考え方に

賛同しました。親からのチョコ、友チョコなんかはまさに感謝のチョコなんじゃ

ないかと思います。大切なのはチョコの数でもなく、相手が好きな人なのかでもなく

気持ちがこもっているのか」だと思います。

 ホワイトデーというこれまた日本独特の風習のせいなのか、バレンタインデーに

男子がチョコをあげるのは変に映ってしまいがちです。男子から男子へあげる

チョコは友チョコならぬ「ホモチョコ」なんて呼ばれていますね。

 これは、チョコ=好きな人からもらう、という思い込みのせいですね。

むしろもらったチョコ全部が本命だと思っているのは、自意識過剰なんじゃない

でしょうか?

 僕もバレンタインデーに乗っかって、チョコやお菓子を男子同士であげて

いましたし、女子からのチョコをホワイトデーにお返しをするのが面倒なので、

バレンタインデーにクッキーを焼いてきてその場でお返しをしていました。

(本心はバレンタインデーに、男子にどさくさに紛れてあげるためでもありました)

 もちろん、バレンタインデーは、日頃なかなかできない告白の絶好の機会では

あると思います。でもそのチャンスに乗っからないと告白できないのは、

思いが足りていないと僕は思います。本当に好きだったらバレンタインデーじゃ

なくても告白できると思いますし、それは自分自身で決心をつけることを放棄

しているようにも思えます。

 ただ告白はしないけどひっそり好きという「気持ちを込めて贈る」、という

意味ならありだと思います。それはある種の自己満足であり、バレンタインデーじゃ

なければ、なかなかできないことでもあります。(普段から仲がいいなら別ですが)

 告白した記念日も大切ですが、バレンタインデーは数多のカップルの記念日でも

あります。そんなありふれた記念日よりも、自分たちだけの記念日を作ったほうが

ずっとロマンチックだと思いませんか?

 バレンタインデーの雰囲気に流されず、「気持ちを込めた」贈り物をしてみては

どうでしょうか?そこに恋愛要素や、男女の要素は必ずしも必要ないと思いますよ。