ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

提案:一人になるスペース

 お久しぶりです。長い間ブログを書く気力がなくてお休みしていました……

コロナウィルスのせいで、予定が結構吹っ飛んでしまったので、空き時間ができた

ので、またブログを書き始めた次第です。

 さて、部活が春休みに入り、授業もなく、特に予定がない日は家で

一人で過ごすのですが、「一人でいること」って普段の生活なら意識しないと

難しいと思うんです。休みの日であっても、家から一歩外に出ると、いろんな人が

いますし、買い物をすれば店員さんとやり取りをします。授業があれば学部の友達、

先生ともコミュニケーションを取りますし、部活があればなおさら一人になるのは

難しいと思います。

 今の時代は、スマホにひっきりなしにライン、メール、電話がやってきますし、

twitterやインスタのようなSNSがあれば、家にいながら県外でも海外でもつながって

しまうのです。実家暮らしの学生さんや、恋人やパートナーがいる方ならば、

なおのこと家であっても一人になんてなれません。

 僕は一人でいるのは好きなのですが、家にこもっているとついついだらけて

しまいますし、家にいる時は本を読んだり、レポートや調べ物といった一人でする

作業をしたりしようとは思えないんですよね。家の中はリラックスすることに

集中したくて、音楽やテレビを垂れ流してボーっとするのが至福のひと時という感じ

です。

 結局なにを言いたいのかというと、「一人になれるスペース」というものを

外にも作ってほしいなと思ったのです。読書に集中したいとき、ちょっとお昼寝を

したいと思ったとき、ついカッとなってしまって気分を落ち着けたいとき、

ご飯をゆっくり一人で食べたいとき、案外需要はあるんじゃないかと思います。

 現在この「一人になれるスペース」というのは、トイレの個室という形でしか

確保されていないんですね。休み時間に一人でいるところを見られたくなくて、

トイレの中でお弁当を食べたり、ずっと歯磨きをするふりをしてトイレにこもったり

する学生がいるようですね。僕も中学生のときは、昼休みに本を読んでいると結構

いじめられていました。たとえ自分から一人になっていても、外から見れば

友達がいないさみしいやつと思われていたんですね

 ならば最初から一人でいることを許されるスペースがあれば、そういったいじめも

なくなると思いますし、いじめられたときの避難所にもなると思います。

学生だけでなくとも、大人だって一人になりたいときはいっぱいあると思うので、

是非会社にも作ってほしいなと思います。今まで通りがいい人は今まで通りに、

一人で作業したい人は一人で作業でれば、効率もずっと上がると思います。

 もちろん防犯上の問題や、先生や上司が管理しにくいというデメリットも

ありますが、それ以上のメリットがあると思います。ただ、そのスペースにいることが

「一人でいるさみしいやつ」と思われるかも、という心配や、スペースから出るときに

誰かから見られたら恥ずかしくてスペースから出られない、といった問題も

あります。これはトイレの個室から出る感覚と同じかもしれません。

 そのため、そのスペースにいいイメージを持ってもらうことや、鉢合わせにならない

ような設計が必要でしょう。細かいことかもしれませんが、気にする人はとっても

気にするので、気配りが欲しいですね。

(僕がそういった細かいところを気にするひとなのでなおさらですね)

 作ってほしい、と願うだけでは作ってもらえないと思うので、声をあげてみました。

共感していただければ嬉しい限りです。