ゲイでノンセクシャル~人生の雨宿り~

雨ばかりの人生に、雨宿りができる場所を作りたい

梅雨は楽しいもの?

  ここ数日、滝のような雨が降ったかと思えば、突然晴れてセミが鳴き始めたり、

エアコンなしでは寝苦しい夜かと思えば、朝目が覚めると長そでを着たくなるほど

冷え込んでいたり、まるで夢を見続けているかのような変な天気が続いています。

 突然ですが皆さんは雨は好きでしょうか?僕は雨が大好きなのですが、

意外なことに好きという人はあんまりいないんですよね。

なんで雨が好きなのかというと、雨の日にしかない静寂に雨音が響いている

張りつめた空気感が好きで、滝の下にはマイナスイオンが出ている(?)なんて

言いますがそんな気分になります。体が自然に帰りたがっているのかもしれません。

あとは、天気がいい日は元気いっぱい、気持ちがいいよねと強要されている気がして

苦手なんです。晴れた日をビューティフルデイとかファインとよく英文で言わされて

いましたが、僕にとっては雨の日がビューティフルデイなんです。

雨が嫌い、もしくは僕みたいに晴れの日が嫌いという時の「嫌い」という感情は、

もしかしたら「条件反射」によって嫌な気持ちが、積み重なってしまっている

のかもしれません。条件反射については詳しくは以下の記事へ ↓

www.life-amayadori.com

 昨今の九州の大雨被害に限らず、ここ数年は大雨や土砂災害の被害が

増えていますし、台風だってやってきます。もちろん日常生活でも

洗濯物が乾かない、傘を持ち運ばなければいけない、濡れてしまって

気持ち悪い、雨の音がうるさくて窓を開けられないなど、雨に対しての

負の感情というのは抱きやすいものです。いつしか雨=嫌という相関を

無意識に作っているのかもしれません。天気予報で「明日は雨です」と聞いた

途端にブルーな気持ちになったり、雨の音が耳障りだと感じたりするのは、

そういうことなのかもしれません。

 しかし、古来から日本と雨というのはとても密接なもので、雨を表現する日本語

世界でもずば抜けて多く、計り知れないほどあるのです。

 例えば七夕に雨が降ると天の川が氾濫して、彦星と織姫が会うことができなくなる

という言い伝えを聞きますが、七夕に降った雨は「催涙雨」といい、彦星と織姫が

流した涙とも言われています。また七夕の前日に降った雨は「洗車雨」といい、

彦星が牛車を洗ったから降る雨とも言われています。

 また「恵みの雨」という言葉があるように、雨は作物や稲の出来にも影響しますし、

旧暦7月26日に降る雨は「御山洗」といい、富士山を清める雨とされています。

梅雨は別名「五月雨」、春は「春雨」、秋は「秋雨」の他に七夕も秋の季語ですし、

冬は「時雨」という季節によって呼び名があります。ゲリラ豪雨、通り雨、天気雨、

驟雨(夕立のこと)、小雨、霧雨のように降り方によって名前が違うものもあれば、

緑雨、紅雨、白雨のように色で表したり、男梅雨(激しく降ったかと思えば、

すっきり晴れるような梅雨)、女梅雨(しとしと弱く長く降り続ける梅雨)なんて

表現もあります。(これはジェンダーになるんでしょうか?)

帰り際に引き留めるように降り始めた雨は「遣らずの雨」といいますし、

打ち水のことを「作り雨」ということもあります。なんだか雨が親しみやすく

なってきませんか?名前が付けられると命が吹き込まれたかのように、生き生きと

しているように感じます。

 日本にいる限りは、毎年梅雨がやってきますし、台風もやってきます。

一年中雨が降らないなんていうことはまずないでしょう。だからこそ、

雨が降ることを嫌がるのではなく、雨を楽しむことで共存しようとしてきたのだと

思います。

 雨だけではなく、セミの声も同じようなものです。セミの声を聞くとついつい

暑苦しいなんて思ってしまいがちですが、実はセミの声を聞いて夏を感じることは

面白いことなんです。というのもセミや鈴虫みたいないわゆる「虫の声」という

ものは、西洋では雑音にしか聞こえないそうです。

雅楽で使われる笙(しょう)という楽器は、その音を蝉の声にたとえられることも

ありますが、西洋音楽の理論では、笙の和音は不協和音であり、ありえない和音と

言われています。でも、雅楽を聞いて(初詣に行くとたまに神社とかで流れて

いますね)不協和音だなぁ、気持ち悪いと感じる人はそんなにいないのではと

思います。セミの声を聞いてセミが鳴いているんだと素直に感じることができるのは、

ある意味特別なことなのかもしれません。

(僕は絶対音感があるせいなのが、セミの声が不協和音に聞こえて

耳をふさぎたくなる時がよくあります……心臓の音みたいに、一度気になると

ずっと耳に入ってきちゃうんですよね)

 語彙力や雑学みたいな知識というのは鍛えようとするものではなく、あると毎日が

楽しくなるものだと思います。ドラマや映画の悲しいシーンでは、なぜか突然雨が

降り出しますが、どれも強い雨ばかりでつまらないなと個人的に思います。

傘を差すか迷うぐらいの弱い雨でも、天気雨でも別にいいじゃんと思います。

 天気予報で雨マークが続いている時は、明日はどんな雨が降るのだろうと予想して

みるのも面白いですよ。よくよく観察してみると、雨の太さ、強さ、角度、音など

結構違うんです。雨に濡れたアジサイは特別な美しさがありますし、お気に入りの

傘や長靴を買ってみるのも楽しいですね。弱い雨の日には、傘をさして散歩を

してみると、ほんとは家にいるはずの夜に出歩いているみたいなドキドキ感があって

楽しいです。雨上がりは、水たまりが反射して輝いて見えますし、もしかしたら

虹が見えるかもしれません。

 別に風流になれという訳ではないのですが、一歩引いたところから

世の中を眺めてみると毎日が楽しくなるかもしれませんね。